英語が母国語でない国でも|英会話スキルを身につけるために

歴史的背景と学習スタイル

地球儀

歴史的背景

セブ島への英語留学は非常に高い人気があります。それはなぜかというと、きちんと英語力を身につけることができるからです。そもそもフィリピンは、20世紀にアメリカの統治下にあったため、英語が公用語として使われてきました。また、フィリピンはローカル言語の数が非常に多く、数百語もあると言われているほどです。このローカル言語同士ではコミュニケーションが取れないので、そういう意味でも英語が共通の言語として使用されるようになりました。こうした歴史的な背景があるため、フィリピンでは英語が多くの人々に使われているというわけです。実際に、フィリピンで行われている学校授業はほぼ英語で行われています。そのため、フィリピンのセブ島への留学はアメリカやイギリスに行くのと同じようなものです。

学習スタイルと発音

セブ島への英語留学は本当に効果があるのかどうかは授業も大きな要因になりますが、その点についてはどうなのかというと、基本的にはマンツーマン指導形式で行われるので、ひとりひとりに合った授業をしてくれます。これはセブ島の留学でなければ受けることができない英会話での授業形式です。それというのも、ヨーロッパではグループディスカッション形式がメインなので、英語力が高い人には良いですが、そこまで高くない人には厳しいのが現実です。そういう意味でも、あまり英会話が得意という人でなくてもおすすめできます。ちなみに、発音についてはフィリピン英語はアメリカ英語に近似しているので、安心して授業を受けることができます。ヨーロッパ留学の前段階として行くのも良いです。

リゾート地での英語学習

女性と男性

フィリピンのセブ島は、世界有数のリゾート地として有名です。セブ島は語学留学地として注目を浴びています。発展途上国なので治安の問題は避けられませんが、事前にしっかり準備をすれば、快適な留学生活を送ることが出来るでしょう。

もっと読む

発音の問題とメリット

握手

フィリピン英語を学ぶからといってなまりや発音を心配する必要はありません。日本人の英語はあくまでも日本語のなまりが付くだけです。また、セブ島への留学では授業形式が1対1の個別指導であることがほとんどなので、英語でのやり取りが数多くできます。

もっと読む

選ばれる理由と目的

国旗

フィリピンのセブ島への留学が選ばれる理由は短期間での英語学習が可能だからです。マンツーマン指導がそれを可能にします。最近は英語の基礎力向上や資格試験合格という目的のために1週間留学を行う人も出てきています。

もっと読む